にんにく卵黄で健康的に!~ベジタブルパワーで栄養不足解消計画~

男性

食品評価の変遷

ベジタブル

注目が移り変わる理由

近年は食品においても、様々な流行りや評価の移り変わりが起きやすい時代と言われています。その理由に挙げられる点として、メディア媒体の進化による情報伝達の速さや、健康志向による影響などが挙げられます。野菜にも同様の事が言え、また野菜が持つ栄養素に対する評価も、広く知られやすい状況だとされます。そして近年、健康志向を反映して人気や注目が集まっている野菜の特徴として、抗酸化作用や消化器官、あるいは循環器に対する効果があるとされる栄養素を含む点が挙げられます。これらの作用は、全身の細胞を傷つける酸化から身を守ったり、消化器官や血管の内部を正常に保ったりする効果に繋がる事が広く知られる様になっています。そして野菜の場合、他の食品群と比較して摂り過ぎの心配や目立ったマイナスポイントが少ないと見られている点も注目の背景にあると言われています。

近年で注目されるタイプ

こうした人気や注目を集めやすい野菜の栄養素としては、渋みや苦みの原因となっている色素成分のポリフェノールがまず挙げられます。具体名としてはベリー系に含まれるアントシアニンや、各種お茶に含まれるカテキンやタンニン等が挙がります。ポリフェノールは抗酸化作用が高い成分として伝わって以来、現在では広く知られる様になった栄養素と言えます。また、体内に長く留まりづらいCやB群といったビタミンを多く含む野菜も、評価されやすいと言われています。これらのビタミンは美容や生体機能を正常に保つ効果が高い事が知られています。そして近年では、こうした健康作用がある栄養素を限られた種類だけで無く、複数持つ様な野菜への注目がされる様になっています。もともと摂取量が少なめになりやすいと言われた野菜に対して、少量摂取でも充分な効果を呼ぶ様なタイプを期待する様になったためです。その結果、近年では希少野菜や食品に対する注目が移る様になっているとされます。それらは厳しい生育環境でも生き残れるほど、有効な健康成分を持っていると考えられる様になったためです。